<

マツダ CX-5 バッテリー上がり。パーキングブレーキ警告灯が点灯した場合の解除方法。

最近の車は各ところどころが電子化されていて車体は高額なうえに便利な機能が満載なんだけど、何かの整備作業をした後には必ず再設定の作業が必要になっている。

そんなわけでオレの愛車のCX-5が再設定が必要になった話をしたい。

というのもメンテナンスもしっかりしているのに今回はバッテリーが上がってしまった。

しかも病院の駐車場でバッテリー上がりを起こした、しかもタイムズの駐車場で。

というわけでオレと同じようにバッテリーが上がってしまってジャンプスターターした後に出発しようとしたけど、パーキングブレーキが解除できないって人はこの記事を参考にしてほしい。

運営者のムーチョです。YouTubeもやっています

キーをONにしたままならバッテリーは上がる

キーをオンにしたままなら数時間でバッテリーは上がる。

ということでオレはキーを3時間ONの状態で車から離れてしまった。アホ。

そして案の定エンジンが始動できなくなったからロードサービスを即呼び。

レスキューしていただいた。

電子パーキングブレーキが解除できない

無事にエンジンも始動したし、それでは家に帰ろうかなって思ったらパーキングブレーキが解除できない驚き。

もう電動パーキングはクソと叫びたい。

ということで電動パーキングはバッテリー上がりを起こすと初期化(メンテナンスモード終了)の設定が必要なのをすっかり忘れていた。

もう再設定の手順を踏むしか駐車場から抜け出す術はない。

バッテリーを交換したあとにパーキングブレーキが解除できない。

電子パーキングブレーキの再設定手順

  • パーキングブレーキ警告灯の橙色が点灯している
  • パーキングブレーキの警告灯が点灯している
  • サイドブレーキが解除できない

という状態になっているなら下記でサイドブレーキは解除できるから手順に従って設定してほしい。

  1. エンジンスイッチをON(エンジンは停止する)
  2. アクセルペダルを踏みこみ全開にし、その状態を保持。
  3. 電動パーキング・ブレーキスイッチを引き上げて、その状態を保持。
  4. 5秒以内にプッシュ・ブレーキ・スタートを三回操作。(OFF→ACC→ON)
  5. 電動パーキング警告灯が消灯していることを確認。
  6. エンジン・スイッチをOFFにしてアクセルペダルとパーキングブレーキスイッチを解放する

ということで、この手順進めてもらえたら無事にサイドブレーキは解除されるから焦らずに頑張ってほしい。

なんでパーキングブレーキの警告灯が点灯したのか?

EPB(電気モーターでパーキングブレーキをかける装置のことね)にプログラムされている電圧以下なったからサイドブレーキ警告灯が点灯したという単純な話。

つまりCX-5の電動パーキングはバッテリーがあがると下記になるんだ。

  • 電動パーキングをかけることもできない
  • 解除することもできない

というワケなんだ。

だから今回のバッテリー上がりの影響で電圧が低下、そしてパーキングブレーキの警告灯が点灯したという流れになったんだ。

バッテリーの寿命は4年

新車で購入したCX5なんだけど4年に1回はバッテリー上がりをおこしているんだけど、今回も前にバッテリーを交換してから4年がたった。

だから今回バッテリーを交換すると3回目のバッテリー交換になるんだけどCX-5のバッテリーの価格は2万円を超えるから素直に驚きしかない、また金が飛ぶ。

ちなみに愛車のCX-5の詳細なんだけど購入時期は2015年で距離は8万キロを走行している。

詳しくは下記です。

  • 年式 2015年式
  • 燃料 軽油
  • 型式 LDK-KE2AW
  • 排気量 2200cc
  • 購入時期 2015年4月
  • 走行距離 80348キロ

CX-5のバッテリーサイズはT-110

CX-5のバッテリーは大きめでT-110というあまり見かけないサイズ。

ロードサービスに連絡する前に近くの車屋やガソスタにT-110の在庫があるか聞きまくったけど取り寄せになるらしい。

そんなわけねーだろ。って思って知り合いの部品屋に在庫を確認してもらったら取り寄せになるらしい。

そんなわけでスグにバッテリー交換できないから今回はロードサービスに助けを求めることを選択。

とうことで加入している保険会社にTELを行いジャンプスターターでエンジン始動作業を依頼した。

20分程でレスキューが到着して作業開始しジャンプスターターでエンジン始動して終了した。

もうこのままバッテリー交換しないでも大丈夫かなって思っていたけど、数日後バッテリーマネージメントシステム点検の警告灯が点灯した。

バッテリーマネージメントシステム点検ランプが点灯した

といいわけでバッテリーマネージメントシステム点検の警告灯が点灯した。

何の警告ランプか調べてみたんだけど、電圧が何らかの理由で低下しているよ。

っていう警告ランプになるからこのまま放置ってわけにはいかない、またタイムズの駐車場から脱出できなんないなんて勘弁だ。

だからバッテリーを注文して交換する事にしたから、ということで後日バッテリー交換に関するブログ記事を更新をしたい。

 

最新情報をチェックしよう!