<

絶対に必要!保護フィルムでGOPROを守る!

私はブログ用の撮影やYouTubeの撮影・自分用モトブログ撮影にGOPRO9を使っています。

私は別にGOPROシリーズにこだわっているわけじゃない、むしろGOPROには不満なところが多い。

だけど、アクションカメラはGOPRO一強で独占状態。

だからGOPRO以外に選択肢がないから私はGOPROを使っています。

iPhoneでも十分なクオリティの動画撮影は可能なんだけど、アクションカメラのGOPROには色々な機能で勝てない。

GOPROはアクションを撮影するための動画専用のガジェットで、普通の日常生活には無用なガジェットといえる。

日常で使うならiPhoneシリーズのカメラで十分、なんだったらAndroidでも十分。

GOPROやiPhoneシリーズについて詳しく解説したいところではあるんだけど、そもそも僕はガジェット系は少し苦手。

という事を各ところで言っているし、今回は保護フィルム記事だからGOPROとiPhoneの機能については詳しく解説しません。

そもそも、この記事にたどり着いている人は何らかの理由で、GOPROの保護フィルムが必要になっている人だ。

アクションカムのGOPROの機能について解説したいところなんだけど、今回はGOPROの保護フィルムの記事になるという長い前フリです。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

普段使いはiPhoneの方がいい

普段使いなら絶対にスマホが使いやすいし十分すぎる程のiPhone。

アクションカムとしての機能はiPhoneはGOPROには色々と勝てない。

いや、私hiPhoneを否定しているわけじゃない。

むしろiPhoneは大好きだし私はiPhoneを愛用している。

ブログで使っている静止画はiPhoneで撮影していて、iPhoneの画素数には毎度毎度驚かされる。

だけど、激しいアクションを撮影する場面ではGOPROを使って撮影しているんだ。

何度も言っちゃうけど、普段使いの撮影は断然スマホの方が扱いやすい、日常で使うならiPhoneのカメラで十分。

※左が保護フィルムを張っていないGOPRO6 右が保護フィルムを張っているGOPRO9

普段使いがiPhoneで十分と言っている僕がGOPROを使い続ける理由は下記なんだ。

  • 小型といえる程に小型ではないんだけどスマホよりも小さくスマホよりも丈夫で雑に扱える
  • 電話機能・メール機能がないから通知が来ないからスマホに比べてGOPROは撮影に専念できる
  • スマホのGOPROアプリでGOPROとリンクする事が出来るしカメラの全機能をリモートコントロールができる、GOPROの視点確認もスマホで確認出来る
  • GOPROだったらググりながら撮影も可能
  • 驚く程の圧倒的な画角・手振れ補正
  • ヘルメットに取り付ける事が出来る程の小型サイズ

GOPROの詳しい解説をしたいんじゃないから保護フィルムを説明をする下記。

GOPRO保護フィルム

GOPROのボディは衝撃に強いんだけどレンズや液晶は衝撃に弱いんだ。気が付かない間にレンズや液晶に小さな傷が入っていたりする。

GOPROはアクションカム、当たり前に激しく使っちゃう。だけど、激しくGOPROを使っちゃうとレンズや液晶の傷が心配。

だけど、レンズや液晶に傷がつかないよう気を使いながらGOPROを使用するのはストレスが溜まる。

だから僕はGOPRO保護フィルムを張ったんだ下記。

 

早速保護フィルムを用意したんだけど、GOPRO保護フィルムは驚く程にピッタリ合う、サイズ感も凄くピッタリだ。購入してみて思ったんだけど、保護フィルムといいつつ強化ガラスなんだ。僕は保護フィルム=プラスチック製品だと勘違いしていたから商品が手元に届いて非常に驚いちゃった。

だけどスマホの保護フィルムも強化ガラスだったりするから、GOPRO保護フィルムにも強化ガラスが使われていても何ら違和感はない。

そしてモニターにエアーが入ってしまった、最悪だ。だけど撮影レンズに影響はないから、僕は特に気にならない。

保護フィルムは張った方がいい

 

私は自分用にモトブログ撮影をするから自分で保護フィルムを張ったんだ。張り方は超簡単だから不器用な僕でも何の心配もなく保護フィルムを貼る事ができた。これで、バイク運転中に前方から飛んでくる飛び石などからGOPROを保護してくれるから安心だ。

何度もしつこいぐらいに言うんだけれど、GOPROのレンズは飛び石などには強くない、だから、保護フィルムは必要なんだ。そして、保護フィルムのおかげで、より激しく雑に扱う事もできて、リアルな映像を記録する事が出来る。アクションカムだからこそ保護フィルムは絶対に貼った方がいい。

そして僕は液晶画面の保護フィルムを張るところが下過ぎたせいか、空気が入ってしまった、保護フィルム製品が悪いわけじゃないから、このままでも問題ない、だから僕はこのまま使う事にした。

 

貼った方がいい理由は下記なんだ。

  • 保護フィルムがでレンズ部分・スクリーン部分が保護される
  • 強化ガラスだからレンズが手油などで汚れたとしても拭きとればレンズは綺麗になる
  • 保護フィルムは替えが効く

今のところ僕が考え付く保護フィルムを貼った方がいい理由は上記3つ程になる、少ないかもしれないけれど、僕には貼った方がいい理由3つしか思いつかなかった。

何度も言うけどGOPROにフィルムを貼った方いい。

保護フィルム貼り付け後のタッチパネルの感度

私は情報の宝庫であるインターネットを使って、GOPROの保護フィルムについて、たくさんのレビューを見たんだ。

タッチパネルに保護フィルム貼ったらタッチパネルの感度が悪くなった、なんていうレビューを見たんだけど、そんなことはない。

保護フィルムを張ってもスクリーンのタッチパネルに何の影響もなく操作できる。

GOPROを落下させてタッチパネルにヒビが入った時の方がショックだ。そして僕はGOPROを落下させてしまったんだ下記。

GOPROを落下させてしまった

マジで気持ちが凹んだんだけど、保護フィルムのおかげで液晶タッチパネルは助かった。マジで保護フィルムには感謝しかない。

勘違いされそうだけど、ブログの為に故意にGOPROを落としたわけじゃない、そんなアホな事は僕はしない僕はそんなインチキは大嫌いだ。

ガチでGOPROを落下させてしまった自分を恨むし。ガチで気持ちが凹んでいるから凄くショックだ。

だけど、GOPROの保護フィルムを新しい物に交換すれば、何の問題もない。GOPROを落下させた後も撮影を続ける事が出来たのは保護フィルムのおかげ。

まとめ

GOPROは本体は衝撃に強い設計で安心していたんだけど、レンズや液晶画面は衝撃に弱い。貼った方がいい理由は下記となります。

  • 保護フィルムがでレンズ部分・スクリーン部分が保護される
  • 強化ガラスだからレンズが手油などで汚れたとしても拭きとればレンズは綺麗になる
  • 保護フィルムは替えが効く

旅行先でGOPROのレンズを傷つけてしまう、またはヒビが入る程の衝撃などから守ってくれる保護フィルムは張らないより、貼った方いいと僕は思います。保護フィルムは価格的にお安く手にする事が出来るので絶対導入すべきでアイテムです。

 

最新情報をチェックしよう!